空き家の防犯対策

空き家はしっかりと防犯対策を取らなければなりません。気がつかないうちに不法侵入者が住み込んでいることもあります。空き家は様々な犯罪に巻き込まれる可能性があるので、定期的に見回って管理をするようにしましょう。

★ 空き家は犯罪の巣窟になる危険性がある

空き家には不法侵入者が住みつく恐れがあります。そうなると大切な財産である空き家が壊されたり、汚されてしまうかもしれません。不法侵入者が空き家に住みつくと、近隣住民にも迷惑をかけます。

また不法投棄などをされることもあります。勝手に捨てられたゴミが悪臭を放ち、これもまた近隣住民に迷惑をかけることが考えられます。

空き家は放火犯の標的になることもあります。誰も住んでいないことをいいことに火をつけようとする犯罪者もたくさんいます。空き家を放置しておくと、放火犯に狙われて火災が発生するかもしれません。

★ 定期的に空き家管理をするようにしましょう

このように大切な財産である空き家が犯罪に巻き込まれないようにするためには定期的に管理をする必要があります。人が常に見ていると思われている空き家には犯罪者も寄り付きません。

ポストの中は常にきれいにするようにし、清掃なども行うようにしましょう。防犯カメラなどを設置しておけば、犯罪者も寄り付かなくなります。定期的に空き家の様子を見に行くようにしてください。管理代行会社などに依頼してもいいかもしれません。

空き家は定期的に見回って管理をするようにしてください。そうすることで犯罪に巻き込まるリスクを減らし、近隣住民にも迷惑をかけずに済みます。人が常に見に来ているいう雰囲気を空き家全体に作ることができれば、犯罪に巻き込まれなくなります。

関連する記事


About dishesbypehpot