空き家の雨漏り

空き家の雨漏りには要注意です。雨漏りを放置しておくと大変なことが起こります。大切な財産を失うかもしれません。倒壊などの危険性も大きくなります。雨漏りを見つけたら速やかに専門の業者に依頼して修理をしましょう。

★ 雨漏りを放置しておくと何が起こるか

人が住まなくなった空き家の劣化は驚くほど早いスピードで進んでいきます。柱や壁、天井などあらゆる場所が傷んできます。雨漏りもしやすくなってしまうので、定期的にチェックしなければなりません。

雨漏りを放置しておくと、柱などの腐食が進み、倒壊の危険性が高まってしまいます。また締め切った空き家の中には臭いがこもりがちになってしまいます。壁や柱などに臭いが染み付き、売却するのも難しくなるでしょう。

また雨漏りが深刻化すると、漏電なども起こるかもしれません。漏電して火災が発生してしまえば、近隣住民にも迷惑をかけます。

★ 雨漏りを見つけたら

雨漏りしやすい場所としては換気扇やバルコニーなどが挙げられます。そういったところがにシミができていたり、壁紙のクロスが浮いていたりしたら、雨漏りしている疑いがあります。また押入れやクローゼットなども注意して確認したい場所です。

雨漏りが見つかったら、すぐに専門の業者に修理を依頼するようにしましょう。そのまま放置しておくと家がますます傷んでしまいます。

雨漏りをしていないかどうかを確認するために定期的に空き家に行くようにしましょう。遠方でそれが難しい場合は管理してくれる会社に依頼するようにしてください。

空き家管理の中で雨漏りを見つけたらすぐに対応するようにしてください。放置しておくと大変なことになります。見つけ次第すぐに修理しましょう。

関連する記事


About dishesbypehpot