空き家を所有している場合にかかるコスト

空き家を所有するには様々なコストがかかります。維持管理をするにもお金がかかってきますし、不動産を所有する際にかかる固定資産税も支払わなければなりません。土地に建物があった方が税金が安くなるということから、空き家のままにしておく人も多いです。

★ 維持管理費

空き家は放置しておくのは大変危険です。建物ですので、徐々に劣化していきます。壁のタイルなどがはがれたり、虫が湧いたり、汚れが染みつくことも考えられます。放置し続けておくと倒壊のリスクも大きくなってきます。

また、不法侵入者などが住み着いたり、不法投棄などによって異臭を放つようになることも考えられます。定期的に見回るようにして、そのような犯罪に巻き込まれないように注意が必要です。

空き家管理に必要なコストは月に5000?10000円ほどと言われています。年間にすると12万円ほどかかる計算です。

★ 固定資産税

すべての不動産の所有者には固定資産税を支払う義務があります。空き家であっても支払わなければなりません。税率に関しては不動産がある都道府県や市町村によって異なるので一概には言えません。

固定資産税は不動産がどのような状況にあるかによって軽減税率がかけられるようになります。土地に建物があれば軽減税率が適用されるので、固定資産税は安くなります。

建物があれば税金が安くなるため、空き家のまま放置しておく人が多いのです。

空き家は所有しているだけでもお金がかかってきます。維持管理費だけでなく、固定資産税も支払わなければなりません。中にはさっさと手放した方がいいと考えている人もいます。

相続などで空き家が自分のものになる場合にはどのように使っていくかを工夫しなければなりません。

関連する記事


About dishesbypehpot