空き家の売却費用

空き家を売却するのは、最もリスクを低くして空き家を手放す方法です。新築に建て替えて賃貸にしたり、リノベーションをするよりも、より安全に手放せるでしょう。諸費用を回収するだけの金額は稼げるかもしれません。

★ 空き家は売却した方が最もリスクが低くなる

空き家を持っている場合、売却した方が最もリスクが低く手放すことができます。新築を建てて賃貸にするには立地などが関わってきますし、リノベーションをして売却するのは非常に難しいです。どちらも高いリスクが伴います。

そのため、空き家を手放そうと思うのであれば、売却するのが一番リスクが低くなります。うまくやれば諸費用を回収するだけの金額は稼げるかもしれません。建て替えやリノベーションほどの金額もかかりません。

★ 実際にかかる費用

空き家を売却するには仲介手数料がかかってきます。仲介手数料は以下の通りです。

不動産価格が税抜きで200万円以下の場合……5%の手数料
不動産価格が税抜きで200万円超?400万円以下の場合……4%+20000円の手数料
不動産価格が税抜きで400万円超の場合……3%+60000円の手数料

になります。

その他にも登録免許税と司法書士報酬料である所有権移転登記にかかる費用が必要になってきます。この金額は固定資産税評価額に税率をかけるので物件によって異なってきます。だいたい10万?15万円ほどと考えておきましょう。

印紙税も必要です。こちらも物件によって異なってきます。1000万円?5000万円の物件では20000円になります。

空き家は維持費もかかるので、無理に活用しようとするのではなく売却することをおすすめします。諸費用分くらいは回収できるでしょう。

関連する記事


About dishesbypehpot