遠方の空き家を売却する際に注意したい不動産屋選び

空き家が遠方にあり、売却をしたいと考えている場合は不動産会社選びに気をつけなければなりません。直接売却に関われる時間が限られているため、頼りきりになることもあります。信頼できる会社を探して依頼するようにしましょう。

★ 安心して頼める不動産屋を選ぼう

遠方にある空き家を売却する際には、不動産会社選びにも注意しなければなりません。下手をすると思っていた金額では売却できない恐れがあります。

どうしても不動産屋とも物理的に距離が離れてしまうので、連絡手段は電話かメールになります。レスポンスが素早く的確なスタッフがいる不動産会社を選ぶようにしましょう。

地元に密着したスタイルで経営している不動産会社もおすすめです。遠方であるため土地に密着した顧客を知っているためです。知っている顧客が多ければ売却もスムーズにいきます。

その他にも鍵を預けるため、セキュリティ管理がしっかりとされている不動産会社を選ぶようにしましょう。また、戸建ての売却実績が多ければ多いほど安心して任せられます。

★ 不動産を売却する流れ

不動産を売却するまでの流れは以下の通りになります。

  1. 売却目安金額を算出する査定
  2. 売却を依頼する不動産会社の選定
  3. 媒介契約
  4. 売却活動(広告展開や内見のことを指します)
  5. 登記手続きなどの引き渡し

このような流れで不動産の売却はなされます。遠方の不動産を売却する際には不動産会社に頼りきりになってしまうこともあるので、信頼できる会社を探しましょう。

不動産会社選びに気をつけることで、思っていた金額で空き家を売却できるかもしれません。空き家管理にはコストもかかります。売却する際には信頼できる不動産会社を探しましょう。

関連する記事


About dishesbypehpot